×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第57回東京地区国公立大学体育大会

4月26日・27日、於東京外国語大学・東京学芸大学

○大会結果
 優勝  東京学芸大学
 準優勝 東京外国語大学
 3位  お茶の水女子大学
 4位  東京大学


○戦績
 1回戦
 ●お茶大 56 - 57 外国語大
 3位決定戦
 ○お茶大 81 - 46 東京大



 一回戦、第一ピリオドで11-22と大きく離され、第二・第三ピリオドでは、本学の特徴となりつつあるプレッシングマンツーマンディフェンスの効果で41-41の同点まで持ってきたものの、一点差で敗退となりました。
 翌日の3位決定戦では、外国語大での反省から、試合の入りに注意して、第一ピリオドは22-11、チームディフェンスを徹底して、前日よりは本学らしさを取り戻すことができました。
 年に一度、関東学連上位校である学芸大学と試合ができるチャンスである国公立戦だけに、1回戦敗退はチームとしての経験を積む、という意味でも手痛い結果でした。

 今大会は、主管・副管校ともに女子バスケ部がなかったため、本学が代理主管を務めさせていただきました。手際が悪く、参加校の皆様にはご迷惑をおかけしました。各校の代表者の皆様のお陰で、今年も無事大会を開催できたこと、この場を借りてお礼申し上げます。
 また、お茶大バスケ部を応援してくださったすべての方々、いつもありがとうございます。
 今大会の反省を生かし、この先に控える選手権、リーグ戦に向けて、部員一同益々精進していきますので、よろしくお願い致します。